クラウドブレイカー量産型の解説 アナザーセンチュリーズエピソード(Another Century's Episode)攻略メモ

クラウドブレイカー量産型

Sponsored Link

クラウドブレイカー量産型の特徴

  • 一見遠距離戦用の機体だが、スピードで相手を翻弄し近距離で攻撃をを叩き込む一撃離脱型の機体。
  • 上半身のみを捻って攻撃できるため射角が広い。
  • クラウドブレイカーは近接コンボを持たないので、接近戦はショットガンで対応していく。

クラウドブレイカー量産型の武装・立ち回り

  • ミサイルやガトリングガンをばら撒きながら接近し、至近距離からのショットガンでダメージを与えていく。
  • SPのスナイパーライフルも接近した方が当てやすい。

クラウドブレイカー量産型の改造指針

  • 機体の改造は装甲、バーニア、出力が黄金パターン。
    機動力に特化するならバーニアを外してもいい。
  • 武器の改造だが、クラウドブレイカーはなぜかメインとアタッチ1の改造が逆に反映される仕様になっている。
    つまり、メインを改造するとショットガンが強化され、アタッチ1を改造するとガトリングガンが強化されるということ。
  • クラウドブレイカーは一発一発を丁寧に当てていく機体なので、SP出力とメイン出力(ショットガン)の改造がおすすめ。

前:量産型ゲシュペンストMk-II 次:ダンバイン