四乃森蒼紫のキャラクター解説 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 炎上!京都輪廻攻略メモ

四乃森蒼紫 キャラクター解説

Sponsored Link

四乃森蒼紫 データ

パラメータ

能力成長限界
体力★★★★★
気力★★★
通常攻撃★★★
防御★★★★★★★★★
気絶耐久★★★★★★★
敏捷★★★★★★★
つなぎ★★★★★★★★★

※★1個=10段

技表

技名コマンド
連撃□□□□□□□
左スティック+□□□□□□
□□□△△△
左スティック+□□△△△
△△△△
(構え中)△△△
陰陽撥止□+×
呉鉤十字左スティック+□+×
陰陽交叉△攻撃がガードされた時に□
回天剣舞R2+△
回天剣舞・六連R1+△

技解説

通常連撃
全キャラクターの中で最も攻撃回数が多い。
出の速い□□□□□□□をメインに、囲まれた場合は大きく飛び上がる□□□△△△を使う。
△△△△は出始めに隙があるが攻撃範囲が広く、つなぎにも使いやすい。
陰陽撥止
射程は長いが予備動作がかなり大きい。
あまり近寄ってこないタイプのボスキャラに対してなら役に立つ。
呉鉤十字
かなり広い範囲を攻撃できる必殺技。
出始めの隙を消すため通常攻撃からつないでいきたい。
蒼紫の持ち技の中では一番実用性がある。
陰陽交叉
相手の防御を崩すことができる。
発動条件の△攻撃は隙が大きいので、敵の数が多いときは狙わない方がいい。
回天剣舞
剣心との最初の戦いではこの技しか使うことができない。
他の技同様出始めの隙が大きく突進スピードも遅いので、安全な間合いを確保してから使わないと潰される恐れがある。
回天剣舞・六連
回天剣舞の強化版。
攻撃力以外変化は無いので、やはり安全を確保してから使いたい。