緋村剣心のストーリーモード攻略 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 炎上!京都輪廻攻略メモ

緋村剣心 ストーリーモード攻略

Sponsored Link

緋村剣心 シナリオチャート

新月村にて
敵:志々雄一派

囲まれないように高速移動を使いながら戦えばいい。
集団戦では双龍閃がおすすめ。


尖角戦
敵:尖角

立会い問答
・高速移動、回転回避、バックステップを合計5回行う

尖角はしばらく高速移動を繰り返すと足を骨折する。
その後はボディプレスしか使わなくなるので起き上がりを狙っていくといい。


宗次郎と手合わせ
敵:瀬田宗次郎

立会い問答
・回避を3回以上・攻撃を1回以上行った後、構えを取る
・上記の問答発生後、「30秒経過」「1回以上構える」の2つを満たす

立会い問答条件は、宗次郎の攻撃を避ける必要はなく、ただ回避動作を取るだけでいい。
時間経過でもクリアとなるが、宗次郎を倒す場合は回転回避から後の先を狙うといい。

この戦闘以降、京の都 その四まで構え・抜刀術・双龍閃を使えなくなる。


京の都 その一〜その三
サブイベントのみ
面倒なら京都通り(壱)の茶屋で休憩して飛ばしてもいいが、時間があるなら高台で昇華値を稼ぐといい。


逆刃刀・真打
葵屋から出ると自動的にイベントが始まる。

敵:沢下条張(1戦目)

立会い問答
・張の攻撃を3回連続で回避する

張は攻撃が大振りなので隙が生まれやすい。
攻撃動作に入ったところを高速移動で接近し、一気にダメージを与えていくといい。


敵:沢下条張(2戦目)
2戦目は肘打ちしか使えないが、1戦目と同じタイミングで仕掛ければいい。


京の都 その四
サブイベントのみ。
MAP移動で師匠の家を選べばいつでも先に進める。


修行開始
敵:比古清十郎(1戦目)
制限時間までぐるぐる回って逃げ続ければ安全。
勿論倒すこともできる。

家の中にいる師匠に話しかけると戦闘開始。
他の場所へ移動はできない。


敵:比古清十郎(2戦目)
制限時間が増えているが、やることは1戦目と同じ。


比古との修行
敵:比古清十郎(3戦目)
龍槌閃(龍巣閃)→連撃□□□□□□で戦うといい。
防御されても構わず続けていればそのうち防御を破れる。


京の都 その五
敵:比古清十郎(4戦目)
師匠はこちらが構えると動きを止めるので、開幕構え→ゲージが溜まったら九頭龍閃で終わり。
万が一近付かれたら双龍閃を当てて追い払えばいい。

九頭龍閃取得後は散策でサブイベントをこなせる。


京の都 その六
期間は短いがサブイベントをこなせる。
日が空けるとイベントが進行する。

敵:比古清十郎(5戦目)

立会い問答
・15秒間移動せず、その間ダメージも受けない

前回と同じく構えていればあまり動かないので、ゲージを溜めて天翔龍閃を当てるだけ。
構えていれば立会い問答も起こしやすい。

天翔龍閃取得後は散策でサブイベントをこなせる。


京の都 その七〜その九
決戦までサブイベントをこなせる。
面倒なら飛ばしてもいいが、できれば昇華値とアイテムを稼いでおきたい。
京の都 その八・九限定のサブイベントも多数あるので、アイテム狙いの場合はよく確認しておくといい。


蒼紫戦
敵:四乃森蒼紫(1戦目)

立会い問答
・戦闘開始から15秒以内に1秒以上構えを取る
・葛藤を拒否する

構えを取って流水の動きを誘い、終わるタイミングに合わせて双龍閃を当てていく。


敵:四乃森蒼紫(2戦目)

立会い問答
・蒼紫の体力が80%以下になる
・上記問答発生後、蒼紫の体力が50%以下になる
・上記問答発生後、蒼紫の体力が30%以下になる
・上記問答発生後、剣心の体力が50%以下、蒼紫の体力が15%以下になる

1戦目と同じように、双龍閃を当てていく。
立会い問答は一つ終わることが次の問答の発生条件になっているので、少し時間がかかる。


敵:四乃森蒼紫(3戦目)

立会い問答
・1戦目、2戦目で奥義を発動していない場合、開始直後

また同じように双龍閃を当てていく。
今回は奥義を使えるので一番楽なはず。


宗次郎戦
敵:瀬田宗次郎(1戦目)

立会い問答
・攻撃を5回命中、またはガードさせる
・縮地からの攻撃を回避する

こちらが構えると縮地を使ってくるので、回転回避から後の先を狙う。
姿が消えてから攻撃までのタイミングは一定なので、慣れれば反撃は簡単。
防御力も高くないので通常攻撃だけでも十分。


敵:瀬田宗次郎(2戦目)

立会い問答
・戦闘開始から30秒経過後、宗次郎の体力が50%以下になる
・上記問答発生後、戦闘開始から60秒が経過し、宗次郎の体力が30%以下になる
・上記問答発生後、縮地からの攻撃を3回連続で回避する

1戦目と同じように構えて縮地を誘い、回転回避から反撃に移る。
天翔龍閃を適当に出しておくと結構当たったりもする。


志々雄戦
敵:志々雄真実(1戦目)

立会い問答
・焔霊を受ける
・剣心と志々雄の体力が50%以下になる
・焔霊を5回ガードする
・剣心の体力が10%以下になる

離れたところでゲージをため、志々雄が近づいてきたら奥義を当てる。
攻撃力が高いだけなので、宗次郎よりも簡単に倒せるはず。


敵:志々雄真実(2戦目)

立会い問答
・剣心が葛藤拒否した状態で後志々雄に攻撃を当てる
・戦闘開始から3分経過
・1番目の問答発生後、志々雄の体力が10%以下になる

1戦目と同じように奥義を狙っていく。
龍槌閃や双龍閃からの連撃も意外に当たるが、反撃に注意。


敵:志々雄真実(3戦目)

立会い問答
・葛藤値が0の場合、戦闘開始直後
・剣心が葛藤拒否した状態で剣心と志々雄の体力が10%以下になる

離れた場所から奥義だけで戦った方が安全。
剣心のパラメータが低いと紅蓮腕や火産霊神で即死もありえる。


2周目イベント


操との出会い 一
敵:巻町操(1戦目)
操の攻撃を3回回避する。
回転回避や高速移動は"回避"に含まれないので注意。


操との出会い 二
敵:巻町操(2戦目)
石を飛び越えて最短距離を移動すれば操に追いつかれずにすむ。
先回りされても近付いて来たところをジャンプで飛び越えればいい。
が、追いつかれても問題なくイベントは進行する。


御庭番衆
敵:四乃森蒼紫

立会い問答
・蒼紫の攻撃を合計5回以上受けるかガードする
・蒼紫の体力が30%以下になる

志々雄のアジトで登場したときと比べるとかなり弱い。
流水の動きの終わるタイミングに合わせて双龍閃→連撃△△△△で勝てる。